天然菌の培養 admin

天然菌&自然界のカビ

Natural mold天然菌とも呼ばれますが、正式に言いますと自然界のカビと言います。自然界のカビを最近医療系が活発に研究が進んでますが、その理由は天然菌で発酵されるタンパク質からとんでもない神様のパワーが生まれます。その成分はたくさんありますが、イソフラボンから分類されるゲニステインという成分と

免疫システムの経路を全て回復させてくれる素晴らしいパワーを持っています。すでにこの研究は韓国にある医療系に大学院のチームが2003年から研究し正式に発表しました。麹菌と違って自然界のカビを培養する方法ですので、神様のパワーとDNAがそのまま凝縮されています。天然菌を培養するときは、想像できないかもしれませんが

空気中の菌を定着させ、培養する方法ですが、大昔からやっていたやり方です。日本は人工菌として1890年代に登録しAspergillus oryzae(黄麹菌)を培養し、お酒、味噌、醤油などを作る時に使用しています。日本の麹菌は、デンプンやタンパク質だけを分解する菌ですので、ドライイーストのように、それ以外の仕事はしません。
ですので、全国にある味噌や醤油、お酒の味は全部同じです。短所としては日本の麹菌で奥深い味の醤油や味噌は作れないのです。