白砂糖と甘い誘惑の裏には怖ろしいことが

admin 食材と調味料の話 0 Comments

食材と調味料の話第1回:白砂糖と甘い誘惑の裏には怖ろしいことが、昔ヨーロッパは、砂糖という甘いものはとても高価で貴重なものでした。貴族達やお金持ちではないと買えないとても高いものだったのです。砂糖は金と同じくものすごく儲かる事業でもあったのです。

15世紀スペインは、砂糖の付加価値を知ってから色んな国を占領し、そこで砂糖を作り出して200年間砂糖まで占領する。
砂糖の価値は金よりも神様のようなものでした。

「C12 H22 O11」
白砂糖!
昔は、黄金より貴重なものだった。白砂糖
この白砂糖は、国の権力にも繋がって
神さまような偉大なものだった。砂糖を奪うために貪欲が生まれ、多い人が亡くなった残酷は歴史もあります。

トマトケチャップにも
サラダやドレッシング、全ての缶詰にも
ケーキには大量に入れて作る。

スナックやビスケット、全ての加工食品にも、
日本の場合は、梅エキスや発酵させるものにも使ってます。
炭酸ジュースや果物ジュース
キャンディ、綿菓子も、和菓子は特に大量の砂糖が使える

この白砂糖Tスプーン一杯で美味しいコーヒーが飲める不思議な甘味料です。
苦いものを甘くする力も、
このTスプーン一杯の誘惑は本当に不思議でしょう!
脳はこのC12 H22 O11が入った瞬間から
洗脳され、外食をする時にレストランなどで
料理が出されると脳は甘さを期待して
甘くないと美味しくないという基準をつけます。甘くて美味しい!

昔、スペインやイギリスなど
アフリカなどでキビ糖を大量に作って
精製し、綺麗な白砂糖を使うようになってから大災殃が始まります。

きび砂糖を作る労働者は
収穫するときにきびのくきを切ると同時に
きびの茎から樹液がポトンポトン落ちる液体を
思わずなめてしまう。

樹液が乾燥すると粒状態になり甘いので、
労働者は貴族やお金持ちしか買えない白砂糖は夢のものでした。

精製した白い砂糖をとる貴族や金持ちを持ってる人らは
糖尿病になり、合併症状で苦しんで寿命が短かった。

きび砂糖を作る労働者たち毎日のようにキビをかじって食べらり、汁を飲んだりしても
誰一人も糖尿病になってない事実!

人はこの白砂糖をなくすことは無理かもしれませんが、呪いから解放される方法はたくさんあります。
白砂糖をやめると壊れた免疫DNAも回復され、
長寿の鍵をもらえるようになります。

長寿の秘訣は色々とありますが、
まず、白砂糖を摂らないことが前提です。

白砂糖で色んな病気になるメカニズムは
すでに解明され、海外は白砂糖から抜け出す方法を模索しています。

コントロールできない発病の原因!
昔は白砂糖がこんなに災殃を起こすなんて知らなかったのです。

最近イギリスのサイエンス誌中で世界的にも有名なNew scientist 誌にこんな論文が発表されたのです。
“白砂糖が原因で乳がんによって死亡率と相互関係”
癌はホルモンと関係があると言ってますが、
飲食の摂取にとても深い関係があると発表しました。
その中でも白砂糖によって癌が発生するメカニズムは数多く論文や実験データで解明されたのです。

カナダにある研究調査によると
疾病や癌は、飲食の原因だと発表して、
特に乳がんを調査すると白砂糖の摂取率の高い国は乳がんの発生率も同じくだったことがわかったきたそうです。
乳がんが一番多い国はイギリスだったのですが、世界で白砂糖を一番使う国もイギリス!
白砂糖の摂取率の順に調査すると
乳がんの発生率の順番も一致したそうです。
不思議ことでしょう!
医者たちはこれをみてから
白砂糖を少量摂取した人は大量に摂取する人より発病率が少ないと発表した。

第16弾は
白砂糖がどうやって作られるかによってお話します。